無線機のいろは

デジタル無線機の利用可能範囲

デジタル無線機の利用可能範囲 デジタル無線機の利用可能範囲ですが、これは基本的に機器どうしで直接電波のやり取りができることが問題になります。携帯電話のように基地局を介して電波のやり取りをするわけではなく、あくまで機器どうしが電波を飛ばし合って通信することになるからです。
ではどこまで可能かということですが、これに関係するのは主に2点です。一つはデジタル無線機そのものの電波の強さであり、もう一つはビルや地形など障害物となるものです。電波は強ければ強いほど遠方とも通信できますが、電波の強さには制限があります。公共の電波などとの干渉を避けるためです。地形の影響としては山などがあると当然ながら通信は遮られます。
これらのことを勘案すれば、機器にもよりますが、簡易的なものでは数百メートルくらいしか使えませんが、強力なものであると10km程度の範囲にまで通信することができるものもあります。用途に応じて最適なものを使い分けるようにすると良いでしょう。

デジタル無線機には許可がある

デジタル無線機には許可がある デジタル無線機は大きく分けると周波数の帯域に応じてUHF帯とVHF帯の2種類があり、デジタル簡易無線免許局と登録局の2種類の許可があるのが特徴です。デジタル無線機の登録局と免許局の違いは、周波数・免許の有無・レンタルの可否・レジャー用通信ができるか否か、この4つの違いです。一般的に、電波が飛ぶ距離や耐久年数、使い勝手はほぼ同等で、デジタル無線機の中でも簡易無線は総務省が策定した令電波法施行規則に準じる必要があります。
無線を利用する人にとって気になるのことは通信距離ではないでしょうか。しかしどちらの場合も、市街地1キロ以上、見通しが良い場所であれば5キロ以上など通信距離になります。尚、登録局の場合は免許が不要でレンタルを行うことは合法ですが、免許局では無線機1台につき申請式の許可が必要になるなどからもレンタルで利用することは違法です。こちらは、主に業務用通信としてデジタル無線機を使いたい場合です。

新着情報

◎2019/7/25

無線機の利用可能範囲
の情報を更新しました。

◎2019/5/30

無線機と携帯電話の違い
の情報を更新しました。

◎2019/3/4

デジタルとアナログの違い
の情報を更新しました。

◎2019/2/8

サイト公開しました

「無線 許可」
に関連するツイート
Twitter

暁よ。 響から主機破損、漂流中っていう無線が来たわ。 天候が悪くて測位不能、コンパスは紛失。まだ近海にいるらしいけれど。 とにかく助けなきゃ!司令官、出撃の許可を!

Twitterソ連兵器厨の響bot@soviethibiki

返信 リツイート 12分前

前条第一項の規定により無線設備の設置場所の変更又は無線設備の変更の工事の許可を受けた免許人は、総務大臣の検査を受け、当該変更又は工事の結果が同条同項の許可の内容に適合していると認められた後でなければ、許可に係る無線設備を運用してはならない。

うさぎ鍋の調理に用いる無線設備は、高周波利用設備であつて、総務大臣の許可を受けたものでなければならない

返信先:@namawakame他1人 許可制だったの!? アマチュア無線だって警察無線だって傍受は許可要らないよ!

Twitter幻鳥@FA系フルスタックエンジニア@2nd_junkey

返信 リツイート 0:30

返信先:@harimoji アルトリア様とっても素敵です。もしご許可いただけるようでしたら、私が趣味でやっているアマチュア無線の交信証明はガキのデザインに非営利・個人使用したいのですが、よろしいでしょうか? アカウント名アルファベットで併記できます。よろしくご検討くださいませ。

Twitterあるふぉんす KEN'ichi Arai 🌏@alphonse_JJ2RON

返信 リツイート 昨日 21:39

返信先:@JJ1BBY他1人 当たり。 伊吹山ドライブウェイの中腹駐車場。 しばらく前に確認したところ、無線の運用には許可が必要。特に問題なく許可されると思う。

返信先:@odairoid_001他1人 ゴジラが北海道上陸、迎え撃つ戦車連隊を支援する後方支援部隊員として出撃。 戦車連隊全滅。「後方支援部隊の撤退時間を稼ぐため重機関銃で可能な限りゴジラを足止めせよ」という無茶な命令。 重機関銃を撃つも全く効いてる様子がなく、無線で撤退許可を求めるも、「もう少しで米軍が来るから」と、、

Twitterキムラプロワークス3.0@KimuraPW

返信1 リツイート1 昨日 16:09

有線設定で無線許可しないになってるよなぁ・・・

TwitterKOJI@C96金【西ゆ09b】@nihunatu

返信 リツイート 昨日 14:02

アマチュア業務  アマチュア,すなわち,金銭上の利益のためでなく,専ら個人的に無線技術に興味を持ち,正当に許可された者が行う自己訓練,通信及び技術研究のための無線通信業務.

うさぎ鍋の調理に用いる無線設備は、高周波利用設備であつて、総務大臣の許可を受けたものでなければならない